【極論】少子化を食い止めるには結婚という制度をイレギュラー化するしかない~やり逃げ手当支給~

「ゲス不倫が横行するのは偶然ではなく必然である」

adultery

そんな現実にゲンナリしている男たちの多くが不倫に走るのは、批判社会と同じく現代の必然である。

不倫とは現実逃避であり、ストレスの解消を妻以外の女性との恋愛やSEXに求めているのだ。

ただ、ここで1つの矛盾が生まれる。

(あれ?現代の男子は草食系になったのでは??)

少し前にちまたに溢れるゲス不倫ニュースを観て、そう思った方は炯眼である。

そう、男が草食系になったというのはメディアが作った幻想で、実は多くの男たちは別に性欲を減少させたわけではないのだ。

確かに草食系も、いるにはいる。

ただ、そこがクローズアップされ過ぎているだけで、事実、独身者は昔と変わらず風俗やAVを多用しているし、既婚者も虎視眈々と不倫を狙っているのである。

(何で不倫相手なら抱くの?)

答えは恐らく、義務や責任ではなく、性欲やときめきの結果としてのSEXは理屈抜きで興奮できるからではないだろうか?

夫婦間でするSEXが楽しいのは新婚時代だけだ。

生活を共にすれば、どうしたって倦怠は訪れる。

どのみち、経済的においそれと子供なんて作れない以上、SEX=快楽のみにしたいのが大半の男の本音である。

そうなってくるとおのずとSEXレスは加速し、夫は性欲を他へ向けることになる。

もう1度書く。


現代においての不倫は、必然である。


聖人君子面をして不倫を叩いている既婚男性の中にも、潜在的な願望を抱いている人は無数にいるのだ。

既婚女性の皆さん、間違っても(自分の旦那は大丈夫だ)などと、思わない方がいいですよ。私自身もそうですが、大半の男は、俗物なのです。

「どうすれば少子化は解消されるのか?」

pregnancy
これについてはまず、現状結婚しているご夫婦が(子供を作った方が絶対いい)と思えるような超美味しい補助や助成、手当を整えることが最優先でしょうね。

そして実際もう徐々にそうなりつつありますが、今後は「結婚」という制度を「する人が珍しい」というイレギュラーなものに社会の認識を変えてゆくことだと思います。

景気が良くならない以上、コスパの悪すぎる結婚などという制度にはもはや無理があるのです。

そしてそういう風潮ができれば次は、交際している女性が妊娠しても、男が責任をとっていちいち結婚しないで済むようにするのが良いでしょう。

今、男にとって相手の女性の妊娠はある意味、超重い責任問題ですが、まずこの状況自体がいけない。

子供を増やすためには、この重すぎる責任を「功労」「手当」に変えてあげるべきでしょう。

そうすれば、気兼ねなく種を撒きまくる男が多発し、1人の肉食系イケメンが何人もの子供を生み出してくれることは確実です。

それって、そんなに不埒なことでしょうか?

安易に女性を妊娠させる男は現状、最も軽蔑されますが、需要があるからこその供給です。

そんな男に妊娠を許したのは自身のくせに、過剰な被害者意識を女性が持つのは良くない。

彼に似て可愛いルックスの赤ちゃんを授かるのだから、それでいいではありませんか?

どのみち、子供が生まれたらあなた、子供にかかりきりになるのだから。

それに、経済的な部分なら大丈夫です。

先述したように、補助金、助成金、子供手当等は、今より遥かに充実しているという前提でのお話です。

既婚家庭よりもまだ更に、シングルマザーの出産や子育てはお金になるのです。

そういう社会なら・・・子供、増えますよね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です