高級デリヘルで働くプライド。ある女子大生の働き方

高級デリヘルで働くプライド。ある女子大生の働き方

高級デリヘルのサービス料

車でもただ走るだけの軽自動車があれば、その数倍、数十倍の価格の高級車も存在します。デリヘル業界でも同じです。一般的なデリヘルの料金は、60分16,000円~20,000円でしょう。しかし、高級デリヘル店になると、60,0000円、80,000円は珍しくありません。サービス時間は、おおむね90分からですが、一サラリーマンがおいそれと出せる金額ではないのは確かです。

そうした高級デリヘルで働くAさんについて話してみたいと思います。

現役女子大生が飛び込んだ高級デリヘルの世界

彼女は、現役の女子大生です。難関大学に入学できたのですが、母子家庭の彼女が、学業を続けることは容易でありません。何とか初年度の学費は工面できたものの、卒業まではお金の当てがありませんでした。そこで彼女が向かった先は、夜のクラブです。170cm近い身長と黒髪、有名大学に入学できるくらいですから知識、知性も持ち合わせています。彼女は、たちまち人気嬢となります。ほどなくして、まとまった収入を得られるようになりましたが、お酒が苦手な彼女は、夜のクラブで働き続けることが難しくなってしまったのです。

そこで彼女の目を留めたのが、高級デリヘルの求人広告です。報酬は、90分25,000円、120分35,000円。さらに上も目指せるという。いろいろ調べてみると、容姿、しぐさ、気配りなど、さまざまな条件をクリアしないと、こうした高級デリヘルに稼ぐどころか、入店も難しい狭き門であることを実感します。しかし、彼女には、母親にこれ以上の苦労はかけられないという気持ちが強くあり、とある高級デリヘル店に連絡を取ったのです。

年齢、身体的なスペックを伝えると、彼女は面接に呼ばれました。そこで担当者が提示したのは、90分20,0000円という金額。求人広告の金額からいくらか目減りしていましたが、それでもその金額は、一般的なデリヘル店のサービス料であり、デリヘル嬢の報酬が半分であることを考えれば、倍の報酬です。また、クラブで得ていた時給よりもはるかに高い金額で、彼女に拒否する理由はありませんでした。

高収入を得ても自己投資を怠らない。それが高級デリヘル嬢の努力

その高級デリヘル店では、顧客に失礼がないように、事前研修が徹底していました。そうは言っても初めてのお客は緊張しすぎて、研修どおりとはいきませんでした。しかし、回数をこなし、収入が驚くような金額になるにしたがって、彼女には、高級デリヘル嬢としてのプライドが芽生えてきました。

自分は、対価をもらっている。それは、サービスであったり、容姿や雰囲気に対してであったり。だから、彼女は、ジムやエステに通って自分を磨き、それまで無頓着だった食生活を改めました。また、そのサービスもありきたりでは、お客は飽きて離れてしまう。だからお客の好みを分析し、また指名してもらえるように努力を積み重ねているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です